1. HOME
  2. FEATUREMODEL
  3. エミ ヘナータ EMI RENATA

FEATURE MODEL

EMI RENATA


EMI RENATA

ブラジル人のお母さんと日本人のお父さんをもつ、ブラジル・サンパウロ育ちのエミ ヘナータさん。ビオテルムのイメージキャラクターとして活躍している彼女はしっとりと大人っぽいイメージがあったのだけれど、実際に会ってみるとサンパウロの太陽みたいに気さくで明るくて、9月で22歳になったばかりとは思えないほどのしっかり者。そんなエミさんの魅力を全5回に渡ってお届けします。お楽しみに!(2回目からは携帯サイトのみの配信になります)


ピュアで明るいエミさん。意外におちゃめな一面も!?


Interview Photo 1

インタビューは英語で…と聞いていたのに、「こんにちは~」の挨拶はもちろん、おしゃべりはすべて日本語。あれれ…? 「自分の気持ちをきちんと伝えたいときは英語じゃないとだめなの。日本語はまだ勉強中!」と笑うエミさん。


「私の父は日本人だけどブラジル生まれだから、私もいっさい日本語を話したことがなくて。17歳で日本に来たとき、最初の2年間は英語のみ。英語が得意…というより、どうにかして人とコミュニケーションをとらないといけないでしょう?(笑)最初におぼえた日本語は、『よろしくお願いします』『ありがとうございます』『お疲れさまでした』。よく使うからおぼえておいてねってマネジャーに言われたけど、使い方がわからなくて…。撮影の合い間、ランチを食べ終わって『お疲れさまでした~』って言っちゃった(笑)。『まだ終わってないよ』と言われたけど、『でも、ご飯は終わったでしょ?』って(笑)。日本に住んでもう4年。やっと真剣に日本語を勉強しています。最近は、『もうわかるでしょ』ってみんな英語で話してくれなくなっちゃった(笑)」


この仕事を通して、自分自身を成長させたい


Interview Photo 2

思いがけずモデルにスカウトされたのが14歳のとき。最初はバイト気分で楽しんでいたけれど、日本に来てフルタイムでこの仕事にたずさわり、「素晴らしい仕事だと思ったし、この仕事を真剣にやっていこうと思った」という。


「最初は仕事を通していろいろな国や都市に行けるだけでうれしかったのね。でも、今は仕事を通じてたくさんの素晴しい人に会い、自分のためになることを教えてもらえる機会がある。もちろん、メイクアップやヘアスタイルによってゴージャスだったり、ボーイッシュだったり、ナチュラルだったりと、毎回違うイメージに変身できるのもこの仕事の大好きなところ。自分ではまったく知らない自分自身の側面に出会える感じがワクワクするの! 目下の目標は、モデルとしても人としても次のレベルにステップアップすること。自分自身が成長するためにたくさんのことを習得したいし、より健康的であることも大切。バランスのとれた食事をして健康であることが、安定したマインドの秘訣だと思うから」


Profile Photo

エミ ヘナータ
14歳のときにブラジル・サンパウロで家族といるところをスカウト。雑誌、CMなどで活躍後、17歳で初めて来日。高校卒業後、本格的にモデルとして日本に移り住み、現在、ビオテルムのイメージキャラクターとして、また雑誌『MORE』『CLASSY』などで活躍中。オフィシャルサイトhttp://www.emismile.net/、エミ’sブログhttp://emi.sblo.jp/

エミちゃんのインタビュー第1号いかがでしたか?この続きはmodel-style.net公式携帯サイトにて連載!



Model/Emi Renata
Photographer/Hajime kamiiisaka
Compositiontext/Atsuko Udo