1. HOME
  2. FEATUREMODEL
  3. レナ RENA

FEATURE MODEL

RENA


RENA

日本人とインド人の両親を持ち、日本語と英語を自在に操りながら、MTVでのVJやモデル、イベントMCなど、マルチに活躍中のRENAさん。インタビューでは、VJでもお馴染みの明るいキャラクターと軽快なトークで場を盛り上げながらも、ひとつひとつ丁寧に日本語を選びながら真摯に応えてくれる姿が印象的でした。今回は、そんなRENAさんの多方面なお仕事ぶりとプライベートについて、全5回に渡ってお届けします(2回目からは携帯サイトのみの配信になります)。


この業界に入らなかったらアパレル企業に勤めてたかも


Interview Photo 1

「この業界に入ったのはMTVのVJの仕事がきっかけ。 当時、実家の神戸に住んでいたんですけど、MTVで働いている知人がVJを探していて『やってみないか』と誘われて。ちょうど自分でも仕事をするなら東京へ行きたいなと思っていたので、とりあえずオーディションを受けたら運よく合格。初めは、日本語自体もまだあまり上手くなかったし、ましてやVJはトークがメインの仕事だからすごく難しかった! 日本語を間違えたり、かんでしまうこともよくあったし、話をまとめるのも大変。でも基本的にしゃべるのが大好きだから(笑)指導を受けながら何度もやるうちに慣れていきましたね。


VJをきっかけにこの業界に入って、モデルのお仕事も出来るようになったのはすごくラッキーでした。もともと洋服が大好きで、今の仕事をしていなければ、何かしらファッション業界の仕事をしようと思っていたから。


今では、イベントの司会やコラムのお仕事などもいただけるようになって、仕事の幅が広がってきていますが、どれも楽しんでやっています」


VJ、イベント司会、モデル、コラムニスト・・・どの仕事もすごく楽しい!


Interview Photo 2

「イベント司会のお仕事は最初、結構抵抗があったんです。VJは収録だから、撮り直しがきくでしょう? それがイベントだと、生だからぶっつけ本番。初めてのときは、緊張しすぎてお客さんの顔が見えた瞬間、本当に頭の中が真っ白になって(笑)。本当にコワかったし、スタッフにも色々迷惑をかけました。だから、ツライときはそんな頃を思い出して、今は楽しんで出来ていることが本当に幸せ!とテンションを上げています。


モデルの仕事は、番組やイベントの進行を務めるVJや司会に比べて、自分自身を表現していくところが面白い。ビジュアルとして1カット1カットきっちり残るところも好きですね。 あと、コラムやブログも最近書いているんですけど、これは本当に日本語の勉強になる!ちゃんと読み書きを勉強したことがなかったので、以前仕事関係の人に『これで勉強しなさい』なんて漢字ドリルをいただいたりもしましたが(笑)、毎日ブログなどを書くことによって、読み書きに抵抗もなくなったし、なにより楽しい!伝えたいことを自分で調べることで身に付いていくから、やっぱり語学は実践で学ぶのが一番♪」


Profile Photo

RENA
兵庫県生まれ。身長170cm、B88cm、W61cm、H90cm。AB型。 MTVのビデオジョッキーをはじめ、雑誌『Regina』の専属モデル、イベントMC、コラムニスト、CMナレーションなど、活発で社交的なキャラクターとマルチな才能を発揮し、様々な方面でタレント活動中。ブランド“OAKLEY”の2008年イメージキャラクターをも務める。特技は美術とフルート。ブログ『RENA's Selection』http://ameblo.jp/rena-selection』も好評配信中。

RENAちゃんのインタビュー第1号いかがでしたか?この続きはmodel-style.net公式携帯サイトにて連載!



Model/RENA
Photographer/Hajime kamiiisaka
Compositiontext/Mariko Amano