1. HOME
  2. FEATUREMODEL
  3. ケリー KELLY

FEATURE MODEL

KELLY


KELLY

ブラジル・サンパウロ生まれのKELLY。1年をとおして温暖で、明るい日差しが降り注ぐ地域で育ったせいか、初対面の人に対してもとっても気さくでオープン。彼女の健康的な笑顔は、見ているほうまで嬉しくなってしまう自然な魅力にあふれています。そんなKELLYが興味のあること、ライフスタイルを全5回に渡ってお届けします(2回目からは携帯サイトのみの配信になります)。


私がモデルを始めたことで、家族の結束がまた強くなった


Interview Photo 1

去年の年末に、約1ヶ月間の「クリスマス&正月休み」をもらってブラジルに里帰りをしたKELLY。


「1ヶ月のオフと聞くと、みんな『長いね~』って言うけど、あっという間だよ。メディカルチェックを受けたり、親戚の家に挨拶に行ったり。だって、みんなのところに顔を出さないと怒られちゃうからね。」と言って、いたずらっぽく笑った。モデルをやるために日本に来てはや6年。現在は、日系ブラジル人の父とイタリア系ブラジル人の母が埼玉に、KELLYは兄とふたりで東京に住んでいる。


「最初、日本に来たときは2ヶ月間だけモデルをやってみようかなと思ったの。そしたら事務所の社長が『それじゃ短いからもう少し続けてみたら?』と言ってくれて…。お父さんは、私たちが来る前から日本に単身赴任していたから、私がモデルを始めたのをきっかけにみんなで一緒に日本に住むことになったの!」


日本語は今でも難しい!でも、まだまだ日本で頑張るヨ


Interview Photo 2

「日本語は日本に来てから、仕事したり友達と話していくなかで自然に覚えたの。でも…難しいよぉ~(笑)。みんなが早口で話し出すと『え? え?』って置いていかれることもしょっちゅう(笑)。来たばかりの頃は、言葉もわからなかったし、仕事もあんまり多くなかったからツラかったよ。ストレスから体調管理もうまくできなくて、痩せたと思ったらリバウンドしたり…。モデルはやっぱりパーフェクトなボディじゃなきゃいけないと思うし、自分もパーフェクトな体を見せたいと思うから、そこはやっぱりプレッシャーを感じる。モデルだったらわりとみんなが感じるストレスじゃないかな。でも、大切なのはあきらめないで頑張ること! ジムに行って運動したり、食べ過ぎた翌日はちょっとセーブしたり。日本の食べものは美味しいから、ついつい食べ過ぎちゃう。太りやすい体質だから気をつけないと。そういうところはブラジル人だもん、大変だヨ(笑)」


Profile Photo

KELLY
ブラジル・サンパウロ出身。父が送った写真がモデル事務所の目にとまり、すでに日本に住んでいた父をたよって母・兄と共に15歳のときに来日。以降、モデルとして雑誌だけでなく、広告やファッションショーでも活躍。現在はPJ(ピーチジョン)のテレビCMや、雑誌『Oggi』『GINZA』『GLAMOROUS』などに登場。身長174cm、現在22歳。健康的な笑顔とスタイルが人気だ。

KELLYのインタビュー第1号いかがでしたか?この続きはmodel-style.net公式携帯サイトにて連載!



Model/KELLY
Photographer/Tatsuhiko Shimada
Compositiontext/Atsuko Udo